かまくら読書会

オンライン読書会

「影との戦い ― ゲド戦記 1」
 アーシュラ・K.ル=グウィン 訳 清水真砂子 岩波少年文庫
『影との戦い―ゲド戦記1』

内容紹介

~本書より~
大魔法使いオジオンに,才能を見出された少年ゲド。自分に並はずれた能力がそなわっていることを知ると、魔法の力にさらに磨きをかけようと、魔法の学院に入る。得意になった彼は禁じられた呪文を唱え、自らの〈影〉を呼び出してしまい、〈影〉との果てしない戦いに引き込まれていくことになる。大賢人ゲドの若き日の物語。

アーシュラ・K・ル=グウィン

1929生まれ、アメリカの作家。父は文化人類学者A.L.クローバー、母は『イシ―北米最後の野生インディアン』の著者シオドーラ・クローバー。『闇の左手』をはじめとする大人向けのSF作品でヒューゴー賞、ネビュラ賞など、数々の賞に輝く。2018年に亡くなる。

岩波書店ホームページへ

  • 日 時:2020年 9月 26日(土) 午前10:00~11:30空き2
  • 定 員:8名程度
  • アプリ:Zoom(ビデオ無し・音声だけも大丈夫です)
  • 参加費:無料
  • 司 会:細谷みゆき

席に限りがありますので、メールかお問い合わせページからご予約をお願いします。
メール:info@dokusyo-kama.website | お問い合わせページへ

foolishheart
「天然知能」 郡司ペギオ幸夫  講談社選書メチエ
『天然知能』

内容紹介

~本書より~
「考えるな、感じろ」とブルース・リーは言った。
山の向こうにも同じように風景が広がることや、太平洋でイワシが泳いでいることを信じられる。
今までのこだわりが、突然どうでもよくなる。
計算を間違い、マニュアルを守れず、ふと何かが降りてくる。
それらはすべて知性の賜物である。
生きものの知性である。
今こそ天然知能を解放しよう。
人工知能と対立するのではなく、意識の向こう側で、想像もつかない「外部」と邂逅するために。

わたしがわたしとして存在するための哲学。

郡司ペギオ幸夫

1959年生まれ。東北大学理学部卒業。東北大学大学院理学研究博士後期課程修了(理学博士)。早稲田大学理工学術院基幹理工学部表現工学科教授。著書に『時間の正体』『生きていることの科学』『群れは意識をもつ』ほか多数。伝説多数。
講談社ホームページへ

<シリーズ読書会>

シリーズ読書会として『天然知能』を3~4回に分けてとりあげます。
郡司さんの理論は楽しくも難解なので、参加者の皆さまとともになるべく丁寧に読んで理解を深めていければと考えています。

  • 【第1回 10月31日】 P. 9-80
     ・ダサカッコワルイ宣言
     ・第1章 マネコガネ ―― 知覚できないが存在するもの
     ・第2章 サワロサボテン ―― 無意識という外部
  • 【第2回以降 未定 ※決まり次第更新します
     ・第3章 イワシ ―― UFOはなぜ宇宙人の乗り物なのか
     ・第4章 カブトムシ ―― 努力する神経細胞      
     ・第5章 オオウツボカズラ ―― いい加減な進化
     ・第6章 ヤマトシジミ ―― 新たしい実在論の向こう側
     ・第7章 ライオン ―― 決定論・局所性・自由意志      
     ・第8章 ふったち猫 ―― ダサカッコワルイ天然知能
  • 日 時:第1回 2020年 10月 31日(土) 午前10:00~11:30空き5
  • 定 員:8名程度
  • アプリ:Zoom(ビデオ無し・音声だけも大丈夫です)
  • 参加費:無料
  • 司 会:ゴンドウ クジラ

席に限りがありますので、メールかお問い合わせページからご予約をお願いします。
メール:info@dokusyo-kama.website | お問い合わせページへ

オンライン読書会について

オンライン会議ツール「Zoom」を使って読書会を開催します。事前にZoomのホームページでアカウント作成とアプリのインストールが必要になります。
Zoomホームページへ
インストール方法はYouTubeに解説動画などがありますので、そちらを参考にしてくださいね。