かまくら読書会

オンライン読書会

「忘れられた日本人」宮本常一

『忘れられた日本人』

内容紹介

~岩波書店ホームページより~
柳田国男・渋沢敬三の指導下に、生涯旅する人として、日本各地の民間伝承を克明に調査した著者が、文字を持つ人々の作る歴史から忘れ去られた日本人の暮しを掘り起し、「民話」を生み出し伝承する共同体の有様を愛情深く描きだす。
「土佐源氏」「女の世間」等十三篇からなる宮本民俗学の代表作。

宮本常一

1907年-1981年。民俗学者、農村指導者、社会教育家。
生涯に渡り日本各地をフィールドワークし続け膨大な記録を残す。『宮本常一著作集』全50巻。

岩波書店ホームページへ

おろか

オンライン読書会について

オンライン会議ツール「Zoom」を使って読書会を開催します。事前にZoomのホームページでアカウント作成とアプリのインストールが必要になります。
Zoomホームページへ
インストール方法はYouTubeに解説動画などがありますので、そちらを参考にしてくださいね。開催当日にURLを送ります。

課題範囲について

宮本常一著『忘れられた日本人』を2回に分けてとりあげます。
大まかなテーマとして、第1回目は宮本がフィールドワークの中で出会った昭和前半に残る共同体の風景について。第2回目は共同体とともに生き、ときにその外へ出ていった個人について読んでいこうと思います。

  • 日 時:第1回 2020年 6月 27日(土) 午前10:00~11:30終了
  •     第2回  〃  7月 18日(土) 午前10:00~11:30空き3  
  • 定 員:各回8名程度  
  • アプリ:Zoom(ビデオ無し・音声だけも大丈夫です)
  • 参加費:無料
  • 司 会:類推

席に限りがありますので、メールかお問い合わせページからご予約をお願いします。
メール:info@dokusyo-kama.website | お問い合わせページへ

※返信が「迷惑メール」扱いになってしまうケースがあるようなので、二三日中に返信が届かない場合は一度迷惑メールをご確認ください。
キャンセルをされる場合は、早めに連絡をいただけると助かります。