かまくら読書会

張り子

シリーズ読書会

「誰のために法は生まれた」 木庭 顕
 朝日出版社

『誰のために法は生まれた』

内容紹介~朝日出版社ホームページより~
追いつめられた、たった一人を守るもの。それが法とデモクラシーのもとなんだ。

替えのきく人間なんて一人もいない――
問題を鋭く見つめ、格闘した紀元前ギリシャ・ローマの人たち。 彼らが残した古典作品を深く読み解き、すべてを貫く原理を取り出してくる。 この授業で大切なことは、感じること、想像力を研ぎ澄ませること。

「教養どころじゃなく、自分の価値観とか、ぜんぜん、すごい変わる授業」 「人生の大事な一部分になりました」――生徒

著者紹介
木庭顕
1951年、東京生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学名誉教授。専門はローマ法。著書に、三部作『政治の成立』『デモクラシーの古典的基礎』『法存立の歴史的基盤』ほか。
朝日出版社ホームページへ

<シリーズ読書会 全3回>

木庭顕さんの『誰のために法は生まれた』を3回に分けてとりあげます。
中高生への講義をまとめた本になりますが、法について根本的なところまで描かれていますので、皆様と丁寧に読み進めて一緒に理解を深めていければと考えています。

<第3回 開催日時>満席となりました

  • 課題範囲:「種明かしのためのミニレクチャー」「第五回 日本社会のリアルでも問題は同じだ!」P.289-393
  • 日 時:2020年 2月 29日(土) 15:00~17:00
  •    ※14時半から開場して前回の復習をします
  • 参加費:300円 (お茶・お菓子つき・20歳以下無料)
  • 会 場大町会館 神奈川県鎌倉市大町1丁目11−17
  • 司 会:小林拓哉

席に限りがありますので、メールかお問い合わせページからご予約をお願いします。
メール:info@dokusyo-kama.website | お問い合わせページへ

※返信が「迷惑メール」扱いになってしまうケースがあるようなので、二三日中に返信が届かない場合は一度迷惑メールをご確認ください。
キャンセルをされる場合は、早めに連絡をいただけると助かります。